次世代タバコは歯周病のリスク低い?

ブログ

BLOG
カテゴリ:院長・スタッフブログ

次世代タバコは歯周病のリスク低い?

こんにちは!静岡駅前歯科クリニックの歯科衛生士の増尾です!
みなさん、大雨の被害は大丈夫でしたか?
台風や梅雨前線のせいで、最近は線状降水帯とかで大雨に見舞われることが多く、恐いですよね・・・。
まだ、梅雨も始まったばかりですので、みなさん、体調に気をつけてお過ごしください!

さて、今日はタバコについてです!
紙タバコは身体や歯周病に良くない事はみなさんご存知ですよね!
喫煙者にとってはかなり肩身の狭い状況になってきていますね・・・。
紙タバコから、加熱式タバコ、電子タバコに変えた方方も多いことでしょう!

それでは、本当次世代タバコにすれば、身体にも歯周病にもリスクが減るのでしょうか?
加熱式タバコ(アイコス)はタバコの葉を使っているので、紙タバコに比べればかなりニコチン、タールの量は少ないですが全くないわけではありあせんので、歯周病のリスクはあります!
そして、発がん性物質をはじめ、多種類の有害成分が含まれていますし、受動喫煙も生じるので、全く身体にもお口にも影響がないわけではないようです・・・。
まだ発売されて日が浅いので、これからの害は未知とされているようです・・・。

電子タバコは、リキッドと呼ばれる液体を加熱して霧化させて吸うものですが、日本の法律でニコチン入り電子タバコの販売は禁止されているので(海外ではリキッドの中にニコチンが含まれている)確かにニコチン、タールが含まれていないので、身体、お口に悪影響だ出にくいとも言われていますが、そのほかに、ホルムアルデヒドなどの有害物質が検出されたという報告もありますし、健康被害はまだ計り知れませんね・・・。



ここで改めて喫煙による歯周病への影響についてお話しします!
喫煙によって吸収されたタバコの有害物質は、血管を収縮し、歯肉の血流量を減少させ
ます。血液循環が悪くなることによって歯肉に十分な酸素が行きわたらなくなると、歯周ポケットの中で歯周病の原因となる細菌が繁殖しやすくなります。歯周病菌は酸素が嫌気性なので、酸素のない状態は居心地がいいのです・・・。

タバコを吸う人の歯周病罹患率は、非喫煙者の3倍と言われています。また、歯を失う確率も。タバコを吸わない人の2倍です。
歯肉に栄養が行きわたらなくなるので、歯周病と戦ってくれる白血球の数も減ってしまいます・・・。
さらに、歯周病菌によってダメージを受けた歯肉と骨の修復が働かなくなります。この悪循環によってさらに歯周病菌が繁殖します。そして通常は歯肉が腫れると、出血して気づくのですが、タバコを吸っているとニコチンの強力な血管収縮作用で出血が抑えられてしまい、歯周病の初期から中期の段階では出血が少ないので、自覚症状がわからないのです・・・。気づいた時には重度の歯周病だったというわけです・・・。

タバコは万病のもとなので、やはり次世代タバコに変えてもいいことではないのではないでしょうか・・・。
ニコチンは麻薬並みの常習性がある様なので、禁煙は大変なことだとは思いますが、やはり禁煙していくことが大事なのでしょう!

歯周病の検診をしていきましょう!

お口の検診に関してご相談があればお気軽にお電話下さい。

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

トップページ

ページトップへ戻る
静岡駅前歯科クリニック 静岡駅前歯科クリニック 静岡駅前歯科クリニック 静岡駅前歯科クリニック
診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

休診日 / 木曜・日曜・祝日
※ 水曜日午後は15:00~18:00
※ 祝日のある週、土曜が休診日の週の木曜は診療いたします

医院名
医療法人 SSDC 静岡駅前歯科クリニック
所在地
〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6-11 イチセビル5F
アクセス
JR静岡駅 徒歩2分 / 静鉄新静岡駅 徒歩2分
054-251-8400 ご予約・お問合せ WEB問診票はこちら
RECRUIT

採用情報

採用情報
採用情報

当院では一緒に働いてくれる仲間を募集しています。チームワークを大切にしながら楽しく医院を作っていきましょう。

COLUMNブログ

MORE