知覚過敏の原因とは?

ブログ

BLOG
カテゴリ:院長・スタッフブログ

知覚過敏の原因とは?

みなさんこんにちは

新年あけましておめでとうございます。

静岡駅前歯科クリニックの市野です。

本年もよろしくお願いします。

本日は知覚過敏の原因についてお話させていただきます。

みなさん冷たいものを食べて歯がキーンとしみるようなことはありませんか??

それは知覚過敏が原因かもしれません。

知覚過敏とは歯茎下がりや歯のすり減りにより象牙質が露出することで主に起こります。

象牙質に開いている無数の細かい穴が刺激の通り道となるのです。

知覚過敏の起こる仕組み

1.象牙細管が露出する

象牙質に栄養を送るための管

この管内では歯髄(神経)から外側へと歯髄液が流れています。

2.刺激が加わる

冷熱 甘味 歯ブラシ 細菌など

3.歯髄液の動きが活発化する

歯髄液管内を移動する歯髄液のスピードが増して痛みとして知覚されます。

 

 

しみるだけと思っていませんか。しみるだけ、と甘く思ってはいけません。先程もお伝えしたよう、知覚過敏の主な原因は歯茎下がりや歯のすり減りにより起こります。
それらは歯にトラブルが起きている兆候のことがあるので注意が必要です!

歯周病が進行すると歯の周りの骨が減り歯茎が下がって歯の根の象牙質が露出します。その結果、知覚過敏が起きているケースも多いです。
また歯ぎしりなどが原因でエナメル質がすり減り、内部の象牙質がむき出しになります。
ただ、歯がしみるという症状は必ずしも知覚過敏という訳ではありません。
むし歯や歯周病、歯のひび割れなどからしみる原因となっていることもあります。

それらの可能性を考慮しながら治療を進めていくため、まずは歯医者へ行き1度自分のお口の状態を把握する必要があるのです。
歯のトラブルがあればそれにあった治療が必要になります。
歯のトラブルがなくても食生活や歯磨きの仕方の改善が必要になります。

では知覚過敏はどうしたらよくなるでしょうか。

歯磨きも立派な治療!

知覚過敏の治療において、食生活の改善と並んで大切なのが歯磨き。中でも大切なのが歯磨き剤の成分です。
一つ目は フッ素 再石灰化を促進するフッ素の作用が、象牙細管のなかに石灰化物を沈着させて層をつくり、管を少しずつ封鎖します。1450ppmの高濃度フッ素がおすすめです。

2つ目は「硝酸カリウム」。これは神経の反応=知覚を鈍麻する薬剤として、知覚過敏治療の塗布剤としても使われている成分ですこれら2つが入った歯みがき剤をまずは使い続けてもらい、
症状が改善するかを診ていくことになります。
歯磨き剤がお口の中にある状態が大切なので最低3分は歯磨きをし、すすぎは一回にとどめましょう。
また、歯磨きの際力が入っていてそれにより歯や歯茎を傷めている人も多いです。
毛先が柔らかいブラシを使い磨き方に関しては指導を受けてみましょう!

歯磨きをしても症状が治らない場合は薬剤で神経の反応を抑えます。それでもだめならコーティング剤をつけ、露出した象牙細管を封鎖していきます。

しみる症状がある方は一度お口の状態を把握するためお越しください。
場合によっては治療が必要かもしれません。

歯磨き粉も販売していますので気になる方はぜひ!

知覚過敏に関してご相談があればお気軽にお電話下さい。

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

トップページ

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

ページトップへ戻る
静岡駅前歯科クリニック 静岡駅前歯科クリニック 静岡駅前歯科クリニック 静岡駅前歯科クリニック
診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

休診日 / 木曜・日曜・祝日
※ 水曜日午後は15:00~18:00
※ 祝日のある週、土曜が休診日の週の木曜は診療いたします

医院名
医療法人 SSDC 静岡駅前歯科クリニック
所在地
〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6-11 イチセビル5F
アクセス
JR静岡駅 徒歩2分 / 静鉄新静岡駅 徒歩2分
054-251-8400 ご予約・お問合せ WEB問診票はこちら
RECRUIT

採用情報

採用情報
採用情報

当院では一緒に働いてくれる仲間を募集しています。チームワークを大切にしながら楽しく医院を作っていきましょう。

COLUMNブログ

MORE