電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

パタカラ体操

2020年5月30日

こんにちは!歯科衛生士の池谷です(^^)/♪
新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言がようやく解除されましたね。
解除されたからと言って油断はできないので引き続き、マスクと手洗いうがいをしっかりして感染予防に努めましょう。

「最近、ご飯を食べているとむせたり咳が出たりする」「噛んだり飲み込んだりするのが大変になってきた」などの症状がでていませんか?
もし、少しでも当てはまるようなら、それはお口の筋力の衰えによるものです。
そこで今日は外出自粛している皆さんでも、ご自宅でできるお口のトレーニング方法、パタカラ体操についてご紹介したいと思います。

パタカラ体操は誰でも簡単にできる体操なので、これを日常生活に取り入れるだけで、咀嚼や嚥下の機能を回復させ、食事への不安を解消することができます。

「パタカラ体操」は発声しながら口を動かす、「お口の体操」のことです。
「パ」「タ」「カ」「ラ」の4文字を発声するため、「パタカラ体操」と呼ばれます。
「パタカラ体操」を取り入れることにより、口や舌の動きが鍛えられます。

まず「パ」「タ」「カ」「ラ」を、それぞれ5文字3回ずつ発音してみましょう。
ですが、ただ口に出すだけで良いという訳ではありません!

①「パ」は、口をしっかり閉じて発音する
口を閉じる筋肉が鍛えられることで、口の中の食べ物をこぼさないようにすることができます。

②「タ」は、舌を上あごにくっつくように発音する
下の筋肉が鍛えられると、食べ物をしっかり押しつぶしたり、飲み込んだりすることができます。

③「カ」は、のどの奥を意識して発音する
のどを閉じることで、誤嚥を防ぎ、食べ物を食道に送ることができるようになります。

④「ラ」は、舌をまるめるように発音する
舌をまるめてよく動くようにすることで、食べ物を喉の奥に運び、飲み込みやすくなります。

ただ発音するだけでなく、「大きな声で」「一文字一文字」「はっきりと」意識して声に出すようにしましょう。

「パタカラ体操」は、お食事の前に行うことをオススメします。
運動前の準備体操と同じで、実際に食べる前に体操しておくことで、口や舌の動きが慣れて食事しやすくなります。
ですが、もし食事の前に時間が取れない場合は、できる時に行うだけでも構いません。

パタカラ体操はほかにも、いびきの改善や、発音がはっきりしたり、小顔効果といろんな効果があるので是非皆さんもお家でやってみてくださいね☆

咀嚼や嚥下に関してご相談があればお気軽にお電話下さい。

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

http://shizuoka118.com/

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは054-251-8400へ

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜・日曜・祝日
※ 水曜日午後は15:00~18:00
※ 祝日のある週、土曜が休診日の週の木曜は診療いたします
ご予約・お問い合わせはこちら
静岡駅前歯科クリニックの外観
おすすめ歯ブラシプレゼント
© 2016 予防歯科からインプラントまで総合治療の静岡市の歯医者 - 静岡駅前歯科クリニック. All Right Reserved.