電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

出っ歯とほうれい線の関係について解説

2022年4月20日

こんにちは!
今回の記事では、出っ歯とほうれい線の関係について解説いたします。

出っ歯はほうれい線の原因になりやすい

①口呼吸になりやすいから

出っ歯の方は普段から口が上手く閉じず、自然と口呼吸になります。その為、口は常に半分開いているような状態が増えます。その状態は口元の筋肉を弱くさせ、シワが起きやすい状態なります。シワの発生を抑制する為に口呼吸を控えることを検討しましょう。

②アゴが変形した場合

出っ歯は前歯が前方に出ている為、噛み合わせが良くない状態です。それが要因でアゴの形が変わっていく場合があります。その為、ほうれい線が濃くなるなど、ほうれい線が強調されてしまうのは、アゴの形が変わった可能性もございます。

③出っ歯とは関係がないケース

出っ歯ではない方も、噛み合わせが綺麗な方でも、ほうれい線は生まれるものです。出っ歯が原因だと決めつけているだけで、実際は関係がない場合もございます。年齢を重ねると口元の衰えは発生しますが、全員同様ではございますん。他人よりもほうれい線が表れていることを過度に気にしなくても良いでしょう。

④前歯が前方に出ているから

出っ歯の理由とほうれい線の繋がりを考えましょう。出っ歯の方は、口元が前方に出ていることがポイントです。その為、頰骨の部分と比べて、歯の箇所だけが前へと出てしますのです。ほうれい線ができる箇所は口と頰の間の為、口が前方に出ている出っ歯の方は、頰との境が深くなりやすいです。出っ歯の印象が普段ない方も、口元が前の方へ出ていると頰との境が深くなりやすいです。

⑤鼻と上唇が広く見える

前歯が前方に出ており唇から出ている場合は、前歯を見えなくしようと出来る限り上唇を覆うような習慣がつきます。つまり、日常の中で鼻の下を引っ張っている動きをしているので、肌が常に伸縮を行なっておりシワを生みやすい状態になります。ほうれい線は横よりも縦に発生するシワですので、この習慣が要因でほうれい線が濃くなりやすい可能性がございます。

ほうれい線の改善方法について

①歯科医院で相談をしましょう

歯科医院では歯並びや噛み合わせを丁寧に治療することが出来ますが、一番の目的は歯並びを整えたり、噛み合わせを良くすることですので、ほうれい線にフォーカスした治療を最初から行いません。その為、歯列矯正をする際に、ほうれい線について改善したい旨を歯科医院で相談しましょう。歯列矯正の時にほうれい線のことまで歯医者さんが治療することはあまり考えにくいですが、歯医者さんによっては、ほうれい線がナチュラルに変わるようにアプローチを行なってくれ可能性もあります。ほうれい線は年齢によって深く濃くなるものです。絶対に噛み合わせや歯並びの不正が関係しているとは言えないので、患者様ご自身もしっかりとそのことを想定することを推奨します。噛み合わせが悪いと色々な問題が発生しますので、治療した方が健康上はとても良いです、ほうれい線のためだけに矯正治療をやめるという選択肢を出来る限り考えない方がいいでしょう。

②歯列矯正以外の方法で改善する

歯列矯正をほうれい線の為に施すのではなく、ほうれい線に合った対処法を選択することも一つの大事な手です。例えば、美容皮膚科などで診てもらうなど、専門分野の医院で相談するとほうれい線を正確に改善することが出来ます。

③歯列矯正を駆使して改善する

出っ歯はほうれい線が表れやすいという話を冒頭でしましたが、実際には出っ歯が整うことで口元の筋肉のバランスも綺麗になり、ほうれい線の改善に繋がるというケースもございます。
つまり、ほうれい線が特に気になるのは治療後の少し時期のみで、矯正後しばらく時間が経過すれば、ほうれい線が矯正前よりも表れなくなる場合も十分にございます。

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

http://shizuoka118.com/

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは054-251-8400へ

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜・日曜・祝日
※ 水曜日午後は15:00~18:00
※ 祝日のある週、土曜が休診日の週の木曜は診療いたします
ご予約・お問い合わせはこちら
静岡駅前歯科クリニックの外観
おすすめ歯ブラシプレゼント
© 2016 予防歯科からインプラントまで総合治療の静岡市の歯医者 - 静岡駅前歯科クリニック. All Right Reserved.