電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

ピッタリ歯が合わさる症状「切端咬合」について解説

2022年3月20日

1.切端咬合について

切端咬合(せったんこうごう)は、上下の前歯がピッタリと合ってしまう噛み合わせのことを呼びます。通常の歯並びでは、下の前歯が上の前歯の下にある位置が正しいですが、切端咬合の場合は上下がピッタリと合わさって同じ位置に存在します。

切端咬合を下の歯が前に突出している受け口と同様の扱いをしている方もいらっしゃいますが、受け口と切端咬合はまた別の症状ですので混同しないように気をつけましょう。

2.反対咬合と症状が近い

受け口の方は反対咬合(はんたいこうごう)と呼ばれる上下の歯の合わさり方が逆になっているケースが大半です。通常の噛み合わせのように上の歯が下の歯に重なっているのではなく、下の歯が上の歯よりも前に出ているパターンを呼びます。

しかし、自分自身が受け口に感じたとしても、噛み合わせのパターンを詳しく見ると切端咬合であるケースもあります。正常な噛み合わせと比較して切端咬合は下の顎が前に突き出している状態である為、受け口だと錯覚してしまうのです。

自分が反対咬合と思って歯科医院で検診をすると、反対咬合という診断ではなく切端咬合の診断になるケースもあります。

3.切端咬合になる原因はなんだろう

事故や怪我などの外的要因

事故やケガなどで口周辺の骨に大きなダメージが加わった際に、その要因が影響して噛み合わせが悪化し切端咬合に変形してしまいます。数が少ない症例ではございますが、外的要因の規模によっては切端咬合になってしまうケースも可能性は0ではございません。

成長過程で変形してしまうケース

アゴの骨の成長過程に異常が生まれる「発達異常」のケースも切端咬合になる一つの要因です。通常のアゴの発達では上顎が下顎へ重なることが大半ですが、正しい成長を阻害する何らかの理由で上手く成長が促されない場合、切端咬合のように前と後ろがピッタリと合わさってしまう噛み合わせが生じます。

舌で押すことで変形してしまう

普段使っている舌の力は小さく感じられます。しかし、実際の力は歯を移動させるほどの強い力が歯に加わっています。前歯を後ろから常に舌で押す癖や、前歯の裏側を舐めてしまう習慣がある患者さまは、その習慣が要因で歯並びが歪んでしまっているケースが多々あります。日頃から悪い習慣に気をつけて、無意識の内に前歯を舌で触っているようなケースがあれば、それが切端咬合の大半を要因を占めている場合もあります。舌のくせは軽く考えないようにしましょう。

4.切端咬合の注意点3つ

①口内環境が悪化する

切端咬合のケースでは、上と下の歯が常に接触して消耗するため、歯の表面のエナメル質という層が削られてしまう可能性が生じます。歯の表面のエナメル質は歯を多くの細菌などから保護する層でもありますので、この箇所が削がれることによって虫歯になる可能性が高くなってしまいます。

また、切端咬合の症状によって歯の並びが様々な位置へ動いている場合は、磨き残しが増えるため、虫歯や歯周病の可能性が更に上昇する場合があります。

②腸への負担が高まる

切端咬合の場合、硬い食べ物をしっかり小さく噛み切る力が伴わない場合があります。上下の前歯がピッタリと噛み合う症状である為、食べ物を咀嚼することがが容易に見えますが、実際は咀嚼が上手にできず患者さま本人も不便に感じることが多々あります。

前歯がピッタリ噛み合っていると、奥歯の噛み合わせが歪む場合があります。その場合は歯全体で物を上手に咀嚼できない可能性があります。

③歯が磨耗してしまう

切端咬合をそのままにすると、上と下の歯が摩擦によって削れてしまうケースがあります。上と下の歯がピッタリ合わさるような噛み合わせなので、上と下の歯が接触しやすいのです。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは054-251-8400へ

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜・日曜・祝日
※ 水曜日午後は15:00~18:00
※ 祝日のある週、土曜が休診日の週の木曜は診療いたします
ご予約・お問い合わせはこちら
静岡駅前歯科クリニックの外観
おすすめ歯ブラシプレゼント
© 2016 予防歯科からインプラントまで総合治療の静岡市の歯医者 - 静岡駅前歯科クリニック. All Right Reserved.