電話する

地図

問い合わせ

メニュー
■■ 休診のお知らせ ■■
2/15(水)と3/15(水)の午後は休診とさせていただきます。
ヘッダーオファー

歯科矯正で発生する痛みと対策

2022年12月10日

こんにちは!
今回の記事では歯科矯正で発生する痛みと対策についてご紹介します。

歯列矯正と聞いて、痛そうだというイメージが真っ先に思い浮かぶ方はいらっしゃいませんか?
確かに痛みはつきものですが、事前に理解しておけば安心して治療を受けられます。
痛みが出やすい時期や緩和させるための対処法などを知り、ぜひ今後の治療の参考にしてください。

痛みが出やすいのはいつ?

痛みが最も生じやすいのは、装置やワイヤーの調整を行ったあとの2~3日間です。歯に力が加わり、動こうとする歯の周りで圧迫を受けた神経や血管が炎症を起こして痛みが出ます。
1週間程度で治まるケースが大半ですが、慣れるまでは食事中に疼くような痛みを感じることもあります。
また、粘膜の内側や舌に器具が当たって、炎症が起こった場合の痛みも例外ではありません。中でもワイヤーを使用する矯正に起こりやすく、装置が口腔内を刺激すると口内炎ができやすくなるでしょう。
上記2つが、歯列矯正において痛みが生じやすいタイミングです。十分な対策をとって、痛みをできるだけ緩和させましょう。

治療中の痛みを軽減するためのポイント

装置やワイヤーの調整後に痛みが出たときは、鎮痛薬を服用しましょう。放っておいても数日~1週間程度で治まるケースが多いですが、無理をしないことが一番です。
また食事中に口腔内のどこかが痛む場合は、献立を工夫するのがおすすめです。お粥や豆腐、茶碗蒸しやスープなど、舌でつぶせる程度の軟らかさの食べ物を口にするよう心がけてください。麺類を軟らかく茹でて、適度な長さに切ったものを食べるのもおすすめです。少ない咀嚼回数ですむので、一時的な対処法として有効です。
さらに、装置が口腔内の粘膜などに当たって痛む場合は「歯科矯正用ワックス」などの歯科専用アイテムを活用するという方法もあります。樹脂やシリコンといった軟らかい素材でできているので、装置にかぶせれば痛みを緩和できます。装置のデコボコが気になる方は、かかりつけ医に相談するとよいでしょう。
もちろん、痛みの種類はこれだけではありません。有効な対処法はケースバイケースですので、痛みが出た場合はかかりつけ医にすぐ相談してください。無理をせず過ごすことが大切です。

痛みを軽減できるワイヤーとは?

「形状記憶合金ワイヤー」というワイヤーを用いれば、治療中の痛みを軽減できる可能性があります。
それを実現できる秘密は、ズバリ「最小限の力で歯を動かせる」ということ。これは設定した温度を超えると、元の形に戻ろうとして微弱な力を継続的に発揮する性質があるためです。そのタイミングで、歯が緩やかに移動する仕組みです。
通常に比べて、短時間で歯を移動できるのも大きなメリットといえるでしょう。
歯列矯正は数年単位の期間を必要とすることが大半で、その間ずっと痛みを感じていては多大なストレスになってしまいます。少しでも快適に過ごせるよう、ご自身に合った治療方法を選択してくださいね。

歯列矯正のご相談は静岡駅前歯科クリニックへ!

歯列矯正を検討中の方がいらっしゃいましたら、ぜひ静岡駅前歯科クリニックへご相談ください。
患者さまのことを第一に考え、痛みを最小限に留めることを目指した治療を行っています。
JR静岡駅から徒歩3分、静鉄新静岡駅から徒歩2分という好立地で、遠方から来院される患者さまも少なくありません。
ホームページからのご予約やお問い合わせも承っていますので、何かございましたらお気軽にご相談ください。

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

http://shizuoka118.com/

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは054-251-8400へ

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜・日曜・祝日
※ 水曜日午後は15:00~18:00
※ 祝日のある週、土曜が休診日の週の木曜は診療いたします
ご予約・お問い合わせはこちら
ご予約確定された方へ web問診票はこちら
静岡駅前歯科クリニックの外観
おすすめ歯ブラシプレゼント
© 2016 予防歯科からインプラントまで総合治療の静岡市の歯医者 - 静岡駅前歯科クリニック. All Right Reserved.