SRPって知ってますか?

2018年7月5日

こんにちは!静岡駅前歯科クリニックの歯科衛生士の増尾です!

日本中が大雨で大変ですが、みなさんも気をつけてくださいね!

さて、今日は歯周病の治療の中のSRPについてお話ししていきます!

そもそも、みなさんにSRPという言葉を説明したことがないと思います。

みなさんには、「ポケットが4㎜以上あるので、歯肉の中についている縁下歯石を取っていきます!」とご説明させていただいていますよね?
その治療の名前がSRPということです!

主に歯科衛生士が担当します。

歯周ポケット中は直接目で確認できないため、手指の感覚のみを頼りに縁下歯石を専用の器具を使って取っていきます。

そのためSRPには高い技術が要求され、熟練した技術を持つ歯科衛生士が施術します。

SRPで使用する器具
SRPでは『キュレットスケーラー』と呼ばれるSRP専用のスケーラーを使用します。キュレットキュレットスケーラーは縁上歯石を除去する時に使用するスケーラーと違って、先端が細く、歯根の形に合せてカーブが付いたスケーラーです。

SRPのやり方
SRPは歯周ポケットの奥深いところまで操作を行うので、そのままだと痛みをともなうので、静岡駅前歯科クリニックでは、あらかじめ麻酔を行って治療を行います。
歯周ポケットが深いほど操作が複雑になり、作業に時間がかかります。
麻酔を行うのと、治療に時間がかかるために、患者様の負担と術者の負担を減らすために、一回の治療は4本から6本程度の歯に対して行っていきます。

術者は治療する部位に適したキュレットスケーラーを選択し、歯周ポケット内に慎重に挿入しながら縁下歯石や感染物質の除去を行っていきます。

SRP後の注意点
SRPの処置後、特にお痛みがなければ、通常通り歯磨きを行っていただけます。
しかし、SRPを行った部位は多少なりともダメージを受けているので、やや弱めのブラッシング圧で歯磨きを行った方がよいかと思います。

麻酔がきれて、痛みが出る場合もありますので、痛み止めを処方いたします。
通常痛みが出ても、一回痛み止めを服用すれば、治まる程度の痛みです。

もし麻酔がきれた後、その部位を触ると痛みや違和感がある場合は、柔らかめの歯ブラシで優しく歯ブラシをしてください。
むりは禁物ですが、ブラシをしないで汚れがたまってしまうと、治りが悪くなったり、せっかくSRPしたところを悪化させてしまう恐れがあるので、汚れを溜めないようにしてください!

大体、2,3日~一週間程度で症状は治まりますので、症状が落ち着いたら、通常の歯ブラシを行ってください。

また、SRP後に冷たい物がしみるという症状がでる場合があります。
一時的なものがほとんどですので、決して歯が悪くなったものではないので、安心してください!

ただまれに、知覚過敏が起きてしまう場合がありますが、まずは一週間ほど様子をみていただき、それでも症状が変わらない時は、スタッフまたは院長に相談してください!
対処いたしますので、お気軽にご相談ください!

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

http://shizuoka118.com/

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

診療メニュー

診療メニューtreatment menu
歯周病治療periodontal disease
審美歯科aesthetic
矯正治療straight
無痛治療painless
予防歯科prevention
© 2016 予防歯科からインプラントまで総合治療の静岡駅前歯科クリニック. All Right Reserved.