電話する

地図

問い合わせ

メニュー
おすすめ歯ブラシプレゼント

即時埋入インプラント(HAインプラント)

骨を大きく失った場合でも、抜歯と同時にインプラントを埋入することが可能です。

インプラント
について

欠損別
インプラント埋入治療

骨が少ない
時のインプラント

当院で使用する
インプラントメーカー

インプラント
安全性とリスク

インプラント
よくある質問


HAインプラントとチタンインプラントの違い

チタン・インプラント

画像
チタンインプラントの成功には、インプラント埋入時にインプラントが動かないように、「初期固定」で、しっかりと骨とインプラント体を固定する必要があります。 強固に固定させるためには、土台の骨が硬く幅が必要です。インプラント埋入する部位の骨の量が不足している場合、骨を再生する治療(GBR法:骨造成・骨誘導再生)と同時にインプラントを埋め入れることが可能です。また骨を大きく失っている場合には、骨が再生するのを待ってから治療することになります。 またGBR法は手技が難しく、術後に腫れや痛みを生じること少なくありません。予定通り治療が進まない場合には治療期間が長期化し、治療方法を変更する可能性もあります。

HAインプラント

画像
一方、HAインプラントは骨を大きく失った場合でも、抜歯と同時にインプラントを埋入することが可能です。 硬くてガッチリした骨を持つ欧米人と比較して日本人は顎が小さく、骨が細く柔らかい方も少なくありません。骨が柔らかい場合、チタンインプラントを埋入しても、動いてしまうケースもあります。しかしHAインプラントでは埋入が可能です。

HAインプラントなら、こんな方にも適用可能

画像
他院で下記のように言われた方も是非セカンドオピニオンでまずは無料相談にお越しください。
  • ・歯周病や歯根破折で、インプラントをすぐに埋入できないと言われた方
  • ・上顎洞(じょうがくどう)までの距離が短いので、骨造成が必要と言われた方
  • ・下顎の神経が近いのでインプラントの埋入ができないと言われた方
  • ・骨質が柔らかく、インプラントが固定しにくい方
  • ・上の前歯のインプラント治療をしたい方
  • ・埋入部分に骨吸収があり、抜歯をしないとインプラントができないと言われた方


HAインプラントのメリット

画像
HAインプラントを使用することで、次のようなメリットが得られます。

メリット1 治療期間の短縮

骨の量が少なくても骨量の確保とインプラントの埋入が同時にできるため、手術回数が減り、治療期間が短縮できます。

メリット2 審美性の確保

HAインプラントは抜歯即時埋入が可能なので、もともとあった歯根の位置に合わせて埋入します。そのため、見た目も美しく、審美面を確保することができます。

メリット3 ストレスの軽減

インプラント体は、支台(歯肉の上の部分)、歯根(骨の部分)の一体型で、シンプルな構造です。そのため、手術回数が少ないので、身体的な負担が軽減します。また、HAインプラントは、抜歯後の即時埋入が可能で、歯肉を切開しないため、術後の腫れや痛みも最小限に抑えることができます。

メリット4 治療費用の軽減

通常、骨増成術とインプラント埋入手術を別々に行うと、治療期間が長くなり、また治療費用の負担増につながることがほとんどです。 HAインプラントでは両者を同日に行うことが可能なので、治療期間も短く、治療費用の増加も軽減できます。

インプラント
について

欠損別
インプラント埋入治療

骨が少ない
時のインプラント

当院で使用する
インプラントメーカー

インプラント
安全性とリスク

インプラント
よくある質問

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは054-251-8400へ

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜・日曜・祝日
※ 水曜日午後は15:00~18:00
※ 祝日のある週、土曜が休診日の週の木曜は診療いたします
ご予約・お問い合わせはこちら
静岡駅前歯科クリニックの外観
おすすめ歯ブラシプレゼント
© 2016 予防歯科からインプラントまで総合治療の静岡市の歯医者 - 静岡駅前歯科クリニック. All Right Reserved.