Tag Archives: 歯医者

歯科とアロマテラピー

2022年12月13日

こんにちは!
静岡駅前歯科クリニックの青野です。

寒さが増しが本格的な冬が到来しましたね。
毎朝、暖かいお布団の中からなかなか出られず
困ってしまう方も多いのではないでしょうか(^^)?
免疫力も落ちやすい時期ですので、体調管理を怠らず、
皆様風邪を引かないように気をつけてお過ごしくださいね!

さて、今回は歯科とアロマテラピーをテーマにお話しさせていただきます。
定期的にご来院してくださる患者様の中には、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、
当院では、受付にアロマディフューザーを設置しております。
現在はレモングラスの精油を使用しております。定期的に香りを変えておりますので
次はどんな香りになるかお楽しみに…(^^)/

アロマテラピーとはアロマは「芳香」テラピーは「療法」を意味し、日本語では「芳香療法」と訳されます。アロマセラピーはハーブなどの芳香植物の葉,花,果皮,果実,根,樹脂,種などから抽出される「精油」を用いた自然療法(Natural Medicine=自然医学)の1つです。精油の濃度を用途に応じて調整し、芳香浴法,吸入法,沐浴法,トリートメント法など、目的に応じた活用法で心身へ効果的に精油を作用させることで、リラクゼーションやリフレッシュ効果、美容や健康の維持と促進を期待できることが知られています。

また一般的なアロマテラピーの目的は、 1)リラクゼーションやリフレッシュに役立てる 2)美と健康の増進 3)身体や精神の恒常性の維持と促進を図る 4)身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻すというものがあります。

『歯科医院は怖い』『治療する時に痛い』というマイナスのイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。そんな方に特におすすめなのがラベンダーの精油です。ラベンダーには鎮静効果があり、ストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安やイライラを解消してくれます。緊張からくる偏頭痛や高血圧にも効果があります。また、ラベンダーには抗菌・殺菌作用があり、防虫にも効果があると言われています。その他にも消炎作用を持ち、皮膚の炎症を鎮めて、組織の回復を助けてくれます。

歯科医院に来院される際に、ハンカチなどにラベンダー精油を数滴垂らしてご持参
いただくのも、上記の効果を得られることができるのでおすすめです。
是非お試しくださいね(^_^)

これから寒さが増し、免疫力も下がってくると、歯茎が腫れたり、口内炎や口角炎などの
お口のトラブルに見舞われやすくなります。当院では、予防歯科に力を入れており、
メンテナンス専用フロアも完備しております。

歯が痛くなる前に、予防のために定期検診でご来院いただくことをおすすめしております。
お気軽にご予約のご連絡をお待ちしております。

静岡駅前歯科クリニック
054−251―8400

〒420−0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

http://shizuoka118.com/

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

知覚過敏の原因・対策

2022年12月9日

皆さん、こんにちは!
静岡駅前歯科クリニックの湯本です。

12月に入り、今年も残り1か月を切りましたね。
毎年言っている気がしますが、本当に1年経つのは早いですね・・・
2022年ラストスパートも頑張りましょう(^^)/

さて、今回は『知覚過敏の原因・対策』について説明します。

皆さんは普段冷たいもので歯がしみるようなことはありませんか?
歯医者で診てもらってもむし歯ではないという時は、「知覚過敏」が原因かもしれません。

知覚過敏は、冷たいもので歯がしみる以外にも歯に風をかけた時や歯ブラシの毛先が当たった時などにも痛みを感じることがあります。

知覚過敏がなぜ起きるかというと、歯の表層はエナメル質という硬い組織で覆われています。そのエナメル質は削ったりしても痛みを感じることはありませんが、エナメル質の内層にある象牙質という組織は歯髄と呼ばれる歯の神経の近くにあるので、刺激が加わったり、冷たいもので痛みを感じます。何らかの要因によって歯の根元の部分の象牙質が露出することによって知覚過敏が生じます。エナメル質は歯の上部から歯の根元に近づくにつれて薄くなり、神経に近くなるのでしみる症状が出やすくなります。この時、歯の根元の部分がくさび状にえぐられたようになるため、「くさび状欠損(WSD)」と呼ばれます。

そのくさび状欠損(WSD)の原因は、普段の歯磨き時の過度なブラッシング圧や硬い歯ブラシの使用により、徐々に歯の根元が摩耗してしまうことや噛みしめや食いしばりにより強い咬合力が加わることにより、歯質が破壊されてしまうこと、さらに、歯周病が重度に進行したり、加齢に伴い歯茎が退縮したりすることによって、歯の根っこと歯茎をくっつけている働きを持つセメント質が露出し、そのセメント質が摩耗することによって象牙質が露出する状態になるため起こるなどの原因が考えられます。

対策としては、硬い歯ブラシを使っている方はふつうの柔らかさのタイプのものに変えたり、歯ブラシをえんぴつ持ちで使用したりすることで、余計な圧が歯にかからないように調整しましょう。
また、噛みしめ食いしばりによる強い咬合圧から歯を守るためにはナイトガードの使用をおすすめします。当院でも作ることが可能ですので、ぜひご相談ください!

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

http://shizuoka118.com/

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です

いまからでも!定期的なメンテナンスを!

皆さんこんにちは!静岡駅前歯科クリニックの市野です(^^) 
最近は朝から肌寒くなることが多く冬を感じるような冷たい風になってきましたね。
季節の変わり目は体調不良になりやすいですのでお体に気をつけて温かくしてお過ごしくださいね!
さて、本日は定期的なメンテナンスについてのお話になります。

皆さんはお口のメンテナンスを定期的に行っていますか?通っていない方のなかには今から通っても、、、何もしてこなかったし、、といった思いで行けていない方もいるのではないでしょうか?
そんな方に向けて今からでも遅くないと思える定期的なメンテナンスの大切さについて紹介します。
まず、メンテナンスとは、お口の診察や検査を受けるだけではなく、細菌の塊でむし歯や歯周病を引き起こすプラーク
を除去しむし歯や歯周病になる原因を突き止め、どうすれば予防に繋がるのか指導を受けご自身で実際にお家でやっていただくという予防システムのことを言います。

そうはいっても、定期的なメンテナンスはやはり子供のころから始めた方がさらに効果があります。
歯は削らないほど丈夫で持ちが良くなるので、虫歯になりやすいころからしっかり予防していくことで将来歯で苦労することもなくなるのです。
歯の大切さを実感し、詰めた歯や被せた歯が傷んでくるのが50代ごろになるかと思います。
傷んだところからむし歯が入り込んでしまう事も十分あります。日々適切に除去できなく溜まってしまったプラークにより歯周病が悪化し歯を失うことになってしまうのもこのぐらいの時期かと思います。
歯周病の原因となるのは歯磨きやフロス歯間ブラシ不足などですが、ごしごし歯磨きをしてしまう事も歯に影響があるのです。
長年自己流の磨き方で歯をごしごししてしまうと、歯茎が退縮して歯根の象牙質が露出します。毎日の歯みがきが原因でむし歯になりやすい歯をつくってしまう事になりかねません。
こういったことを防ぐために、ご自身の何がダメだったのか、問題を見つけ、対策を打ち、進行を遅らせたり止まらせたりできるのが定期的なメンテナンスとなるのです!
今からでは遅いと思ってしまっている方、早く始めれば効果は断然高くなります!
無意識に、寝る際歯ぎしりや食いしばりを行っていませんか?歯茎に歯ブラシの毛先を入れて磨いていませんか?
ご自身では気づいていないだけで歯にはかなりの負担をかけてしまっているかもしれません。
まずは、ご自身のお口の状態を把握することが大切です!
定期的にメンテナンスに通っていただくことで、ご自身が何に気を付ければよいか、どう予防していけばいいか、患者さんに合った対策を行うことができます。

当医院では最新の機器を使用しクリーニングを行っています!一人一人の患者さんに合ったものをお選びしておりますのでメンテナンスに関してご相談があればお気軽にお電話下さい。

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

http://shizuoka118.com/

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

がん治療と歯科

2022年8月27日

こんにちは!静岡駅前歯科クリニックの市野です!
8月も下旬となり、まだまだ暑い日が続いておりますがお体にお気をつけてお過ごしください^^

さて、今回はがん治療と歯科についてご紹介します!がん治療と歯科にどんな関係があるの?と思う方も多いかと思います!現在、日本人が生涯でがんになる確率・がんで死亡する確率はそれぞれ、男性が63%と24%女性が48%と15%と言われています。つまり2人に1人は何らかのがんになり、男性では4人に1人、女性では7人に1人はがんが原因で亡くなっていることになるのです。近年では治療方法もめざましく進歩していると同時に、がん治療が強力になったため、手術による抗がん剤治療、放射線の際に起こり得る肺炎などの合併症や口内炎などの副作用ときに治療の継続を難しくすることがあるのです。こうした合併症や副作用を抑え、長期にわたるがんとの闘いを少しでも楽に進めて治療を完遂させるには、歯科が大きな助けとなるのです。では、がん治療が始まる前に必要なお口のケアとは何なのか、説明します。

1 お口の中の検査
大きなむし歯や歯周炎などがん治療によりトラブルになる治療が必要な歯はないかのチェックが必要になります。
2お口のクリーニング
お口の中の細菌感染を予防し、治療時のトラブルを軽くします。
細菌を減らすためにお口の中の歯石やプラークをきれいにすることが大切です。
3ご自身での歯磨き
クリーニングが終わったら、その状態を保つためにいまのお口の状況にあった歯磨きをすることが必要です。きちんと歯磨きができていないと、細菌は繫殖してしまいます。ご自身が受けた歯ブラシ指導できちんと歯を磨くことが大切です。

この3つがん治療前に必要なケアになります。

[がん治療に歯科がどのような助けになるのか?]
がん治療時におこる合併症や副作用を減らすのに歯科受診が助けになります。がんの手術は多くの場合、全身麻酔で行います。このとき人工呼吸用のチューブを入れるためその際、歯が折れたり抜けるのを防いだり、手術後の肺炎や口や喉食道がんによる合併症、傷口の細菌感染を防ぐために歯科治療が重要となるのです。また食事摂取の面から回復を支援するのです。

がん治療の歯科による大切さがわかったかと思いますが、お口の中でもがんはおきます。お口の中にできる悪性腫瘍を口腔がんといいます。

がん全体の1~3%程度と決して多くはありませんが、あまり知られていないため進行するまで放置されることが多く亡くなる方が増えてきています。
口腔がんによる死亡率は35.5%といわれています。
当院では口腔がん検診を行っています。お口の中で気になることはありませんか?
もしかしたら口腔がんかも知れません!口腔がんの早期発見や、異形成段階(がんになる前の状態)を早期発見し治療するために、お口の中を専用光学機器を用いてチェックいたします!
!※口腔がんの主な原因(症例から)・生活習慣(喫煙、飲酒等)・歯列不正(歯並びが悪い)、義歯不適(入れ歯が合わない)・う蝕(むし歯)・歯周病、詰め物・被せ物不適・舌小帯付着異常(舌の裏の紐のような部分が短い方は要注意)・アマルガム(金属の詰め物)・口内炎(10日くらい経過しても治らない場合は要注意)・歯列不正(歯並びが悪い)、義歯不適(入れ歯が合わない)・HPV(ウィルス)、など当てはまる方は口腔がんかも知れません。
口腔がんは早期発見が大切です。
口腔内で気になるところがある方はスタッフにお気軽にお声かけください!

口腔がん検診に関してご相談があればお気軽にお電話下さい。

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

http://shizuoka118.com/

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

意外としらない!?後戻りの話

2022年7月13日

皆さん、こんにちは!静岡駅前歯科クリニックの寺本です。
暑い日が続きますので、熱中症にはお気をつけください。

さて、今回は「矯正治療後の後戻り」についてお話します。
実は、当院で矯正治療を希望される患者様の1/3以上が矯正後の後戻りが原因の方が占めています。ですが意外と、皆さん「後戻り」自体をご存じないことが多いのです。

「後戻り」とは、矯正終了後に歯が元の位置に戻ろうと後戻りして動いてしまうことです。
実は、「矯正が終了したら歯並びはそのまま維持される」と思われている方が多いですが、それは、間違いです!!
土の矯正治療をしたとしても、後戻りのリスクは同じです。
そこで、後戻り防止のための装置、保定マウスピースなどが必須になるのですが、矯正を終了した人でも、その存在を知らなかったり、重要性をわかっていないことが多いんです。

よくあることは、「マウスピースを作ったが、途中から使わなくなった」「壊れてそのまま」「無くしてしまって」「矯正終了したから歯科医院に通わなくなった」などなど。

でも、せっかく時間と手間とお金もかけたのに、元に戻ってしまうのは、もったいないですよね。
特に、後戻りをしてしまうケースで多いのは、「ワイヤー矯正治療」を受けていた方です。
なぜなら、ご自分で装置をつける習慣がないため、面倒くさくなってしまい、習慣化しにくいため!

静岡駅前歯科クリニックの矯正は違います。当院はマウスピース型デジタル矯正システム「インビザラインGo」を採用しています。マウスピースのため、もともと「自分でつける習慣」があるため、保定用マウスピースを途中であきらめてしまう方は、当院の患者様では1人もおりません!

また、このマウスピースは従来のマウスピースと違い、歯肉に当たらず、厚みも極薄です。そのため、「違和感」「痛み」「しゃべりにくさ」というものから解放されます!そして、保定用マウスピースもこちらのシステムのものを採用しているため、ほぼ同じ使用感を得ることができます!そして、なんといってもマウスピースの保定力(歯並びを維持してくれる耐久値)を1年間メーカーさんが保証しているため、1年に1回の交換でOK♪

これから矯正を始める方、矯正を終了したけど、保定用のマウスピースを使ってなかった方、ぜひ、静岡駅前歯科クリニックへおこしください。一緒にきれいな歯並びを維持していきましょう!

静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400

〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F

http://shizuoka118.com/

静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

歯並びでお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

静岡最安値!?マウスピース矯正

2021年10月17日

皆さん、こんにちは!静岡駅前歯科クリニック歯科衛生士の寺本です。
だんだんと肌寒くなってきて、一気に秋が来たようですね。衣替えはもうお済ですか?

さて、今日は当院のマウスピース矯正「インビザラインGo」についてお話します。
インビザラインとは、1997年にアメリカに本社があるアライン社が独自開発した、マウスピース型デジタル矯正システムです。2018年には世界で600万人以上の患者様がこのマウスピース矯正システムを選択していて、世界で1番選ばれている矯正システムを現在も更新し続けています。
当院はその中でも、インビザラインGoを採用しています。
インビザラインGoとは、短期間で終了する部分矯正です。大臼歯は動かないため、適用範囲はインビザラインよりは狭いものの、通常のマウスピース矯正と比べ、上下にも歯牙を動かすことができるためかなり自由度の高い、高度な治療ゴールをご提供することができます。
静岡駅前歯科クリニックは、インビザラインGo矯正で昨年2020年、患者様数ランキングで全国で11位に選ばれています!

静岡駅前歯科クリニックが選ばれている理由は主に3つあります!!

1つ目は、高い技術力と知識です。
静岡駅前歯科クリニックは、ドクターだけでなく、スタッフも多くのセミナーに参加し、豊富な知識と確かな技術を身に着けています。
そんなスタッフが全力で患者様の理想のゴールに向けてフォローさせていただいております。

2つ目は、お口全体の健康のサポート力です。
矯正だけして、歯並びだけがよくなっても、実際には様々なトラブルが多いです。せっかくきれいに並んでも、虫歯で歯がつぎはぎになってしまったり、白くまだら模様になったり、歯周病で歯がグラグラして食べられない、隙間が気になる、なんて嫌ですよね?
静岡駅前歯科クリニックでは患者様のお口に状態に合わせて、矯正後もお口のトラブルで困りにくいよう、ゴールを計画しています。また矯正期間中も、患者様のお口の状況に合わせ、1~3か月ペースでクリーニングを行い、フォローさせていただいております。
おかげさまで、当院でインビザライン矯正を選択された患者様約200名のうち、矯正期間中に新たに虫歯になった方は0です!!

そして3つ目は、費用です。なんと、静岡駅前歯科クリニックのインビザラインGo初期費用は片顎32万円(税別)、上下顎40万円(税別)と、静岡で一番安いんです!!その上、当院は管理料、調整料は一切いただいておりません!(アライナーの作り直しなどは別途費用をいただいております。)
それは、当院の医院理念が大きく関わってきます。

歯並びは日々の生活、健康に大きく関わります。審美はもちろん、かみ合わせの偏りは負荷のかかる歯にダメージが強く、痛みだけでなく、歯の寿命そのものを削ります。また、口呼吸などを促しやすく、免疫機能の面でもリスクが強いです。
静岡駅前歯科クリニックでは、患者様の笑顔を守るため、健康を守るためのお手伝いがしたいのです。その時に、選択肢の1つとして、皆様が選ぶことができるよう、値段設定をかなり低く設定させていただいております。その理念のもと、スタッフ一同、日々の診療に従事させていただいているため、技術、知識にも自信をもってご提供させていただいておりますので、安心してください。

矯正前でも、矯正後でも、気になることがあれば、どんどんお近くのスタッフへお声がけください。
静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400
〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F
http://shizuoka118.com/
静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

歯を抜かない矯正!!

2021年6月5日

皆さん、こんにちは!静岡駅前歯科クリニック歯科衛生士の寺本です。
皆さん衣替えは終わりましたか?雨も増え、だんだんと梅雨らしくなってきましたね。
さて、今回は矯正シリーズ第4弾!!「IPR」についてお話します。

IPRとは、矯正時にそもそも歯を動かすためのスペース作りをすることです。
矯正を望まれる多くの方は、すきっ歯を除いて、捻じれていたり、舌側に引っ込んでいたり、逆に前に出ていたりと「隣の歯と重なっている」状態を気にされていることが大半です。そして、「重なっている」状態を改善するには、そもそも動かすためのスペースがないことには、歯が引っかかって動いてくれません。矯正をしていくにあたって、抜歯が必要になるケースは多いです。

そこで!できるだけ歯を抜かずに、ご自身の歯を残したまま動かすための処置として、IPRつまり歯の表層のごく一部だけを研磨し、スペースを作ることです。皆さんの中には、「歯を削らなくてはいけないの!?」「むし歯や知覚過敏にならないか心配、、、」などなど、不安に思われる方が多いでしょう。

安心してください!IPRは論文がでて、どこまでがご自身の歯の健康に影響がでないか、しっかり明記されています!!

むし歯の影響などを受けないIPR量はエナメル質内で0.5mm以内という論文も出ていますが、当院は更にその半分の0.25mm以下の計画を立てさせていただいています。出来るだけ患者様のご負担にならないよう、設計の段階から調整させて頂いています。

逆に、IPRにより歯根間の距離が縮まることにより、歯周病のリスクが減ることや、研磨してエナメル質を急速に脱灰させることにより、再石灰化というよりむし歯菌に強い歯に置き換える作用を発生させることも論文により発表されています。
静岡駅前歯科クリニックでは、患者様の歯を必要以上に削らないよう、0.05mm~0.5mmまでの研磨用ゲージを用いて、少しずつ研磨しながらスペース作りをしています。時間も手間もかかりますが、患者様を第一に、患者さまの歯にできるだけご負担がかからないように丁寧に対応させていただいていますので、安心して受診なさってください。

マウスピース矯正にご興味、質問がありましたら、ぜひお近くのスタッフにお声がけください。
静岡駅前歯科クリニック
TEL:054-251-8400
静岡県静岡市葵区御幸町6-11 イチセビルディング5F
静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

歯肉マッサージ 第一弾「指」

2020年9月5日

こんにちは!静岡駅前歯科クリニックの歯科衛生士の寺本です。
まだまだ残暑というには暑い日が続きますが、皆さん、熱中症にはよく気をつけて下さい。

今回は「歯肉マッサージ」についてお話します。
歯肉マッサージ(別名:ガムマッサージ)とは、歯ブラシや指を使って、歯肉や唇、頬などをマッサージして血流をよくしてあげることです。

生活習慣や歯周病などによって、歯肉の血行は悪化します。
歯肉マッサージをすると、歯肉の血行が良くなり、酸素や栄養が歯茎の中で行きわたり、細胞の入れ替わりが正常に進むようになります。これにより、歯肉炎で壊れた組織の修復が促されたり、歯周病菌に対する抵抗力がアップしたりします。

また、お口の中を刺激すると唾液の分泌も促されます。ストレスや服用している薬などにより口が渇いてしまう方でも、マッサージをおこなって唾液の分泌量が増えることで、口臭や虫歯、歯周病の予防につなげることができます。

今日は第1弾として、指を使った歯肉マッサージをご紹介します!
1:歯と歯肉の間に人差し指の腹を軽く押し当て、横方向に小刻みに動かす!1か所につき10秒ずつ行いましょう!

2:奥歯から前歯に向かって指を3~5回くらい大きくスライドさせましょう!

3:奥歯から前歯に向かって小さく円を描くように動かしましょう!

是非おうち時間を使って試してみてください!

ご不明な点・気になる点があったらお近くのスタッフにお気軽にお声がけください!
静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400
〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F
http://shizuoka118.com/
静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

正しいマスクの着け方

2020年2月8日

 こんにちは。静岡駅前歯科クリニック歯科衛生士の寺本です。インフルエンザウイルスや、新型コロナウイルスなど、感染症が猛威をふるっていますが、皆さんの感染症対策は万全でしょうか?
感染症対策の基本は手洗い、うがい、マスクの着用です。
今日はマスクの正しい着け方についてお話します。マスクはただかけるだけでは感染症対策にはなり得ません。3つのポイントを守り、是非正しくマスクを着けて、感染症対策を万全のものにしましょう!

ポイント1:鼻までしっかり覆う!
 よく、息がし辛いからという理由で、口だけ覆っている人は多いと思われます。しかし、それでは鼻からウイルスの侵入を許してしまう為、効果はほぼ、ありません。鼻までしっかり覆いましょう!

ポイント2:顎まで覆う!
 顎まで覆わないと、マスクがずれてしまいます。また、隙間ができてしまう為、そこからウイルスの侵入を許してしまいます。顎まで覆いましょう!

ポイント3:鼻の形に合わせる!
 ただゴムを耳に掛けるだけでは感染症対策は不十分です。鼻の部分の隙間から、ウイルスは侵入します。針金部分を2つに折ってからマスクを装着し、鼻の部分を指で押さえると鼻の形ぴったりに針金が変形します。メガネの人も鼻息などが漏れて曇ることがなくなりますので、マスクを是非装着しましょう!

 是非マスクを正しく装着し、万全の感染症対策をしてから外出するようにしましょう!

 歯·お口の健康でお悩みの方は是非、静岡市の歯医者さん、静岡駅前歯科クリニックへお問い合わせください。
TEL054-251-8400

歯磨きと洗口液について

2019年8月26日

こんにちは!静岡駅前歯科クリニック歯科衛生士の寺本です。
日中だけでなく、夜間の暑さも残りますが、水分補給をしっかりととり、熱中症にお気を付けください。

さて、今回は「歯磨きと洗口液について」お話します。
患者様によく「歯磨きと洗口液、どちらを先にした方が良いですか?」と聞かれることや、また、「歯磨きはせず、洗口液を使ってます。」と言われることがあります。実は、この順番を知らないと、せっかくの効果が得られないのです!!
無題38_20190825215448
まず歯磨きについてお話します。歯磨きの目的は食べかすや歯周病やむし歯の原因となる細菌のかたまり、プラークを除去することを第一の目的とし、その際使用する歯磨き剤の成分により、その除去を手助けしたり、殺菌効果やフッ素などの予防効果、清涼感などを与えてくれます。
それに対し、洗口液は細菌の殺菌、弱体化作用、清涼感を与えてくれます。
これだけを比べれば、どちらでも順番など関係ないと思いますが、バイオフィルムの存在が大きく関係します!

皆さん、「バイオフィルム」という言葉をご存知でしょうか?バイオフィルムとは、プラークが作り出す、細菌のための保護膜です。食後や起床時、歯を舌で触ると、ぬるぬるとした感じがありますよね?それがバイオフィルムです。これがある限り、洗口液や歯磨き剤の成分が届かないのです。除去するには物理的に歯ブラシを使った歯磨きが効果的です。その上で、洗口液を使うと、しっかりその効果が発揮されます。洗口液もお使いの方はぜひ、歯磨き後に行ってください!洗口液だけの方はぜひ、歯磨きも行うようにしてくださいね!

歯ブラシだけではどうしてもプラークやバイオフィルム、歯石を完全に取りきることはできません。歯科医院は専用の機械を用いて専門の歯科衛生士が除去します。普段の歯磨の苦手ポイントを見つけ、患者様1人1人にあった磨き方を一緒に見つけていきます。いつまでも健康に楽しくお食事やお話ができるよう、ぜひ、定期的にメンテナンスに通ってください!!

お口の健康についてご相談があれば、お気軽にお電話ください。
静岡駅前歯科クリニック