Tag Archives: 歯医者

静岡最安値!?マウスピース矯正

2021年10月17日

皆さん、こんにちは!静岡駅前歯科クリニック歯科衛生士の寺本です。
だんだんと肌寒くなってきて、一気に秋が来たようですね。衣替えはもうお済ですか?

さて、今日は当院のマウスピース矯正「インビザラインGo」についてお話します。
インビザラインとは、1997年にアメリカに本社があるアライン社が独自開発した、マウスピース型デジタル矯正システムです。2018年には世界で600万人以上の患者様がこのマウスピース矯正システムを選択していて、世界で1番選ばれている矯正システムを現在も更新し続けています。
当院はその中でも、インビザラインGoを採用しています。
インビザラインGoとは、短期間で終了する部分矯正です。大臼歯は動かないため、適用範囲はインビザラインよりは狭いものの、通常のマウスピース矯正と比べ、上下にも歯牙を動かすことができるためかなり自由度の高い、高度な治療ゴールをご提供することができます。
静岡駅前歯科クリニックは、インビザラインGo矯正で昨年2020年、患者様数ランキングで全国で11位に選ばれています!

静岡駅前歯科クリニックが選ばれている理由は主に3つあります!!

1つ目は、高い技術力と知識です。
静岡駅前歯科クリニックは、ドクターだけでなく、スタッフも多くのセミナーに参加し、豊富な知識と確かな技術を身に着けています。
そんなスタッフが全力で患者様の理想のゴールに向けてフォローさせていただいております。

2つ目は、お口全体の健康のサポート力です。
矯正だけして、歯並びだけがよくなっても、実際には様々なトラブルが多いです。せっかくきれいに並んでも、虫歯で歯がつぎはぎになってしまったり、白くまだら模様になったり、歯周病で歯がグラグラして食べられない、隙間が気になる、なんて嫌ですよね?
静岡駅前歯科クリニックでは患者様のお口に状態に合わせて、矯正後もお口のトラブルで困りにくいよう、ゴールを計画しています。また矯正期間中も、患者様のお口の状況に合わせ、1~3か月ペースでクリーニングを行い、フォローさせていただいております。
おかげさまで、当院でインビザライン矯正を選択された患者様約200名のうち、矯正期間中に新たに虫歯になった方は0です!!

そして3つ目は、費用です。なんと、静岡駅前歯科クリニックのインビザラインGo初期費用は片顎32万円(税別)、上下顎40万円(税別)と、静岡で一番安いんです!!その上、当院は管理料、調整料は一切いただいておりません!(アライナーの作り直しなどは別途費用をいただいております。)
それは、当院の医院理念が大きく関わってきます。

歯並びは日々の生活、健康に大きく関わります。審美はもちろん、かみ合わせの偏りは負荷のかかる歯にダメージが強く、痛みだけでなく、歯の寿命そのものを削ります。また、口呼吸などを促しやすく、免疫機能の面でもリスクが強いです。
静岡駅前歯科クリニックでは、患者様の笑顔を守るため、健康を守るためのお手伝いがしたいのです。その時に、選択肢の1つとして、皆様が選ぶことができるよう、値段設定をかなり低く設定させていただいております。その理念のもと、スタッフ一同、日々の診療に従事させていただいているため、技術、知識にも自信をもってご提供させていただいておりますので、安心してください。

矯正前でも、矯正後でも、気になることがあれば、どんどんお近くのスタッフへお声がけください。
静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400
〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F
http://shizuoka118.com/
静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

歯を抜かない矯正!!

2021年6月5日

皆さん、こんにちは!静岡駅前歯科クリニック歯科衛生士の寺本です。
皆さん衣替えは終わりましたか?雨も増え、だんだんと梅雨らしくなってきましたね。
さて、今回は矯正シリーズ第4弾!!「IPR」についてお話します。

IPRとは、矯正時にそもそも歯を動かすためのスペース作りをすることです。
矯正を望まれる多くの方は、すきっ歯を除いて、捻じれていたり、舌側に引っ込んでいたり、逆に前に出ていたりと「隣の歯と重なっている」状態を気にされていることが大半です。そして、「重なっている」状態を改善するには、そもそも動かすためのスペースがないことには、歯が引っかかって動いてくれません。矯正をしていくにあたって、抜歯が必要になるケースは多いです。

そこで!できるだけ歯を抜かずに、ご自身の歯を残したまま動かすための処置として、IPRつまり歯の表層のごく一部だけを研磨し、スペースを作ることです。皆さんの中には、「歯を削らなくてはいけないの!?」「むし歯や知覚過敏にならないか心配、、、」などなど、不安に思われる方が多いでしょう。

安心してください!IPRは論文がでて、どこまでがご自身の歯の健康に影響がでないか、しっかり明記されています!!

むし歯の影響などを受けないIPR量はエナメル質内で0.5mm以内という論文も出ていますが、当院は更にその半分の0.25mm以下の計画を立てさせていただいています。出来るだけ患者様のご負担にならないよう、設計の段階から調整させて頂いています。

逆に、IPRにより歯根間の距離が縮まることにより、歯周病のリスクが減ることや、研磨してエナメル質を急速に脱灰させることにより、再石灰化というよりむし歯菌に強い歯に置き換える作用を発生させることも論文により発表されています。
静岡駅前歯科クリニックでは、患者様の歯を必要以上に削らないよう、0.05mm~0.5mmまでの研磨用ゲージを用いて、少しずつ研磨しながらスペース作りをしています。時間も手間もかかりますが、患者様を第一に、患者さまの歯にできるだけご負担がかからないように丁寧に対応させていただいていますので、安心して受診なさってください。

マウスピース矯正にご興味、質問がありましたら、ぜひお近くのスタッフにお声がけください。
静岡駅前歯科クリニック
TEL:054-251-8400
静岡県静岡市葵区御幸町6-11 イチセビルディング5F
静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

歯肉マッサージ 第一弾「指」

2020年9月5日

こんにちは!静岡駅前歯科クリニックの歯科衛生士の寺本です。
まだまだ残暑というには暑い日が続きますが、皆さん、熱中症にはよく気をつけて下さい。

今回は「歯肉マッサージ」についてお話します。
歯肉マッサージ(別名:ガムマッサージ)とは、歯ブラシや指を使って、歯肉や唇、頬などをマッサージして血流をよくしてあげることです。

生活習慣や歯周病などによって、歯肉の血行は悪化します。
歯肉マッサージをすると、歯肉の血行が良くなり、酸素や栄養が歯茎の中で行きわたり、細胞の入れ替わりが正常に進むようになります。これにより、歯肉炎で壊れた組織の修復が促されたり、歯周病菌に対する抵抗力がアップしたりします。

また、お口の中を刺激すると唾液の分泌も促されます。ストレスや服用している薬などにより口が渇いてしまう方でも、マッサージをおこなって唾液の分泌量が増えることで、口臭や虫歯、歯周病の予防につなげることができます。

今日は第1弾として、指を使った歯肉マッサージをご紹介します!
1:歯と歯肉の間に人差し指の腹を軽く押し当て、横方向に小刻みに動かす!1か所につき10秒ずつ行いましょう!

2:奥歯から前歯に向かって指を3~5回くらい大きくスライドさせましょう!

3:奥歯から前歯に向かって小さく円を描くように動かしましょう!

是非おうち時間を使って試してみてください!

ご不明な点・気になる点があったらお近くのスタッフにお気軽にお声がけください!
静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400
〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6−11 イチセビルディング5F
http://shizuoka118.com/
静岡駅・新静岡駅から徒歩2分の歯医者です。

正しいマスクの着け方

2020年2月8日

 こんにちは。静岡駅前歯科クリニック歯科衛生士の寺本です。インフルエンザウイルスや、新型コロナウイルスなど、感染症が猛威をふるっていますが、皆さんの感染症対策は万全でしょうか?
感染症対策の基本は手洗い、うがい、マスクの着用です。
今日はマスクの正しい着け方についてお話します。マスクはただかけるだけでは感染症対策にはなり得ません。3つのポイントを守り、是非正しくマスクを着けて、感染症対策を万全のものにしましょう!

ポイント1:鼻までしっかり覆う!
 よく、息がし辛いからという理由で、口だけ覆っている人は多いと思われます。しかし、それでは鼻からウイルスの侵入を許してしまう為、効果はほぼ、ありません。鼻までしっかり覆いましょう!

ポイント2:顎まで覆う!
 顎まで覆わないと、マスクがずれてしまいます。また、隙間ができてしまう為、そこからウイルスの侵入を許してしまいます。顎まで覆いましょう!

ポイント3:鼻の形に合わせる!
 ただゴムを耳に掛けるだけでは感染症対策は不十分です。鼻の部分の隙間から、ウイルスは侵入します。針金部分を2つに折ってからマスクを装着し、鼻の部分を指で押さえると鼻の形ぴったりに針金が変形します。メガネの人も鼻息などが漏れて曇ることがなくなりますので、マスクを是非装着しましょう!

 是非マスクを正しく装着し、万全の感染症対策をしてから外出するようにしましょう!

 歯·お口の健康でお悩みの方は是非、静岡市の歯医者さん、静岡駅前歯科クリニックへお問い合わせください。
TEL054-251-8400

歯磨きと洗口液について

2019年8月26日

こんにちは!静岡駅前歯科クリニック歯科衛生士の寺本です。
日中だけでなく、夜間の暑さも残りますが、水分補給をしっかりととり、熱中症にお気を付けください。

さて、今回は「歯磨きと洗口液について」お話します。
患者様によく「歯磨きと洗口液、どちらを先にした方が良いですか?」と聞かれることや、また、「歯磨きはせず、洗口液を使ってます。」と言われることがあります。実は、この順番を知らないと、せっかくの効果が得られないのです!!
無題38_20190825215448
まず歯磨きについてお話します。歯磨きの目的は食べかすや歯周病やむし歯の原因となる細菌のかたまり、プラークを除去することを第一の目的とし、その際使用する歯磨き剤の成分により、その除去を手助けしたり、殺菌効果やフッ素などの予防効果、清涼感などを与えてくれます。
それに対し、洗口液は細菌の殺菌、弱体化作用、清涼感を与えてくれます。
これだけを比べれば、どちらでも順番など関係ないと思いますが、バイオフィルムの存在が大きく関係します!

皆さん、「バイオフィルム」という言葉をご存知でしょうか?バイオフィルムとは、プラークが作り出す、細菌のための保護膜です。食後や起床時、歯を舌で触ると、ぬるぬるとした感じがありますよね?それがバイオフィルムです。これがある限り、洗口液や歯磨き剤の成分が届かないのです。除去するには物理的に歯ブラシを使った歯磨きが効果的です。その上で、洗口液を使うと、しっかりその効果が発揮されます。洗口液もお使いの方はぜひ、歯磨き後に行ってください!洗口液だけの方はぜひ、歯磨きも行うようにしてくださいね!

歯ブラシだけではどうしてもプラークやバイオフィルム、歯石を完全に取りきることはできません。歯科医院は専用の機械を用いて専門の歯科衛生士が除去します。普段の歯磨の苦手ポイントを見つけ、患者様1人1人にあった磨き方を一緒に見つけていきます。いつまでも健康に楽しくお食事やお話ができるよう、ぜひ、定期的にメンテナンスに通ってください!!

お口の健康についてご相談があれば、お気軽にお電話ください。
静岡駅前歯科クリニック