親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

wisdom

親知らずの抜歯

このページの目次[開く]

親知らずは抜歯すべき?

親知らずが生えてきたら、必ず抜歯しなければならないわけではありません。

しかし、親知らずが正常な位置や角度で生えてくることは珍しく、多くの場合、何らかの問題を引き起こす可能性があります。

親知らずが部分的に歯肉に埋まった状態であったり、斜めに生えていたりする場合、これを放置すると様々な口腔内トラブルの原因になります。不適切な生え方をした親知らずは、適切に歯磨きを行うことが困難になり、その結果、プラーク(歯垢)の蓄積や細菌の繁殖が促進されます。これにより、虫歯、歯周病、歯肉炎などのリスクが高まるため、注意が必要です。

そのため、親知らずが生えてきた場合は、歯科医に相談し、その位置や状態に基づいて、抜歯するかどうかの判断を行うことが重要です。正しい判断と適切な対応により、将来的な口腔内の健康問題を防ぐことができます。

親知らずを抜いたほうがいい場合

炎症がある場合

親知らずの周囲が腫れている、痛みがある、膿が出ている、繰り返し腫れるなどの炎症が見られる場合、抜歯が適切です。これらの症状は汚れが溜まり炎症が起きている証拠であり、口臭の原因にもなり得ます。

手前の歯が虫歯になっている場合

親知らずとその手前の歯の間に汚れが溜まり、虫歯になっている場合は、親知らずを抜歯し、手前の歯を適切に治療する必要があります。

将来的な悪化の可能性がある場合

現時点で症状がなくても、レントゲン画像から将来的に虫歯や炎症が起こる可能性が高いと予測される場合、抜歯が最善の選択です。

矯正治療を行う場合

矯正治療を行う際にも、予防的に親知らずを抜くことが一般的です。ただし、親知らずが矯正治療をサポートする場合もありますので、抜歯の必要性は担当医の判断に委ねられます。

これらのケースでは、親知らずを抜歯することで、将来的な健康問題のリスクを減らし、全体的な口腔健康を維持する助けとなります。

親知らずを抜かなくてもよい場合

完全に埋まっている場合

親知らずが歯肉や骨に完全に埋まっており、これまで自覚症状がなく、レントゲン検査でも問題がないとされる場合、経過観察することがあります。この場合、抜歯するメリットとリスクを慎重に考慮して判断が下されます。

綺麗に生えている場合

親知らずが正常に生えており、日常のケアで清潔に保つことができる場合、抜歯する必要はありません。

治療に利用できる場合

手前の歯が欠損しており、親知らずをブリッジの支えとして利用できる場合、抜歯せずにそのまま残すことが選択されることがあります。

これらの状況では、親知らずが口腔内の健康に負の影響を与えるリスクが低い、または他の治療において役立つ可能性があるため、抜歯を避けることが可能です。

親知らずの手術時間

難しい症例の場合

親知らずが横向きに生えていたり、歯肉に埋まっているなど複雑な場合、手術には相当な時間がかかります。このような難しい症例では、手術に40分から1時間程度要することがあります。

垂直に生えている場合

親知らずが垂直に正常に生えている場合は、比較的簡単に抜歯が可能です。このようなケースでは、手術時間はおおよそ15分程度で完了することが多いです。

静岡駅前歯科クリニックの親知らずの抜歯は以下を提供

痛みに配慮した治療

当院では、できるだけ痛みを感じさせない治療方法を採用しています。患者の快適さと安心感を重視したアプローチにより、ストレスの少ない治療経験を提供します。

低侵襲かつスムーズな抜歯

当院の抜歯方法は低侵襲であり、術後の腫れを最小限に抑えることを目指しています。これにより、患者さんの回復が早く、日常生活への影響を最小限に抑えることが可能です。

カウンセリングに重点を置いた治療

常に患者さんの声に耳を傾け、そのニーズや不安を理解することに努めています。これにより、患者さん一人ひとりに合わせた治療プランを提供します。

静岡駅前にある当院では大学生や社会人の方もたくさんご来院いただいているため、親知らずの抜歯を行う頻度も高いです。
独自の抜歯システムにより、思っていたより痛みがなかった、腫れなかったとの感想を多くもらっております。

また複雑な根管を持つ抜歯には歯科用CTを使って安全な親知らずの抜歯を行っています。高画質な3次元画像により、親知らずの状態や神経の走行などが正確に把握できます。

親知らず治療のその後

安静にする

抜歯後は、外科手術を受けた後のように考え、安静にしてください。治療の状態や難易度によって異なりますが、基本的には体を休めることが重要です。

激しい運動や熱いお風呂を避ける

血流が増加する激しい運動や熱いお風呂に浸かる行為は避けてください。これらは傷口の治癒過程に影響を及ぼす可能性があります。

飲酒・喫煙を控える

抜歯後は、飲酒や喫煙も控えるようにしましょう。これらは回復を遅らせる要因になり得ます。

うがいや舌の接触を控える

傷口が治るまでは、うがいをしすぎたり、舌で傷口をなめたりするのを避けることが重要です。これらの行為は傷口の治癒を妨げる可能性があります。

硬い食べ物や刺激物を避ける

硬い食べ物や刺激の強い食べ物は、抜歯後の傷口に悪影響を及ぼすため、避けるようにしてください。

親知らず抜歯後の副作用・リスク

痛み

抜歯後の痛みは一般的に約3日で落ち着きますが、個人差があります。抜歯直後よりも3日後に痛みが強くなる場合、抜歯部位にカサブタができていない、または食べかすが溜まって感染している可能性があるため、歯科医に相談することが重要です。

腫れ

抜歯後の腫れは翌日から始まり、翌々日にピークに達するのが一般的です。腫れが気になる場合は、お休みを取れる日の前日に抜歯を行うことをお勧めします。適切な治療と内服薬の服用で、この期間を超えて腫れが悪化することは通常ありません。

出血(唾液に血が混じる)

抜歯後の翌日くらいまでは唾液に血が混じることがありますが、通常は問題ありません。ただし、著しい出血が続く場合は、止血処置が必要となるので、速やかに歯科医に連絡する必要があります。

開口障害

抜歯後の痛みや腫れにより、口が開けにくくなることがありますが、通常は3日目以降に改善します。抜歯直後よりも口が開かなくなってきた場合、感染が生じている可能性があるので、専門医に相談することが望ましいです。

これらの症状は一般的なものですが、特に心配な症状がある場合は、早めに歯科医に相談することが重要です。適切なケアとフォローアップによって、これらのリスクは大幅に軽減されます。

ページトップへ戻る
静岡駅前歯科クリニック 静岡駅前歯科クリニック 静岡駅前歯科クリニック 静岡駅前歯科クリニック
診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

休診日 / 木曜・日曜・祝日
※ 水曜日午後は15:00~18:00
※ 祝日のある週、土曜が休診日の週の木曜は診療いたします

医院名
医療法人 SSDC 静岡駅前歯科クリニック
所在地
〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町6-11 イチセビル5F
アクセス
JR静岡駅 徒歩2分 / 静鉄新静岡駅 徒歩2分
054-251-8400 ご予約・お問合せ WEB問診票はこちら
RECRUIT

採用情報

採用情報
採用情報

当院では一緒に働いてくれる仲間を募集しています。チームワークを大切にしながら楽しく医院を作っていきましょう。

COLUMNブログ

MORE